フラボノイド( ビタミンP)


フラボノイドは植物の色素を構成しています。

フラボノール、フラボン、カテキン、フラバノン、アントシアニン、

イソフラボン、カルコンなどの総称がフラボノイドです。

どれも抗酸化作用があり、ガン予防効果、動脈硬化や心臓病などの

生活習慣病を防いだり、抗菌・抗ウィルス作用があります。

フラボノイドが含まれている食品を挙げます。

フラボノールはタマネギ、ほうれん草、パセリ、りんごなどに。

フラボンはみかんやオレンジなどの柑橘類、ぶどう、豆類などに。

カテキンは茶カテキンでおなじみの緑茶に豊富に含まれているほか、

りんごやチェリー、ナシなどにも含まれています。

フラバンはグレープフルーツ、オレンジ、レモンなどの柑橘類に。

アントシアニンは大豆や納豆、豆腐などの大豆製品のほか

ピーナッツにも含まれています。

カルコンはアシタバに。

そばに多く含まれているルチンや

みかんに含まれているヘスペリジンもフラボノイドの仲間です。



サプリメントのポリフェノール


ポリフェノールは赤ワインやカカオ豆にふくまれている抗酸化物質で

悪玉コレステロールの酸化を抑制します。

そのため、動脈硬化や心臓病を防ぐ働きがあります。

チョコレートやココアは動脈硬化を抑えるほかに

抗ガン作用や胃潰瘍を防ぐ働きもあることがわかっています。


冷え性・慢性頭痛の人には


ナイアシンはビタミンB2と同じように酸化還元反応を促す補酵素として

体内のエネルギー効率を促進させる働きをしています。

二日酔いの原因になるアセトアルデヒドを分解する働きがあり、

血行をよくする働きもあります。

血行がよくなれば冷え性・慢性頭痛を解消させます。



花粉症の人にはビタミンB6


花粉症の方にはビタミンB6をサプリメントでとることをおすすめします。

ビタミンB6には免疫反応を正常に保つ働きがあることがわかってきています。

アレルギー症状を抑える効果があるのです。

肉をよく食べる人、

肌荒れが気になる人、

お酒を良く飲む人、

これらの人もビタミンB6サプリメントをとることをおすすめします。


サプリメント ダイエットを


ダイエットをしている方々には高いお金を払って、

ダイエット器具を買ったり、何万円もするダイエット食品を購入する

人がいらっしゃいます。続けられない運動もついつい始めてしまいます。

ダイエットは毎日の食生活をバランスよくすれば

体がきちんと反応してくれます。

基本的には摂取するカロリーを減らして、

体内で消費するカロリーをふやせばやせられることになります。

しかし、皆さんが行なっている実際のダイエットは

摂取カロリーを減らすことだけを考えているのです。

それでいて、脂質エネルギー比率が高いから

エネルギーの代謝が悪くて思っているほどやせられないのです。

エネルギーの代謝を促進するにはビタミンB群が必要です。

特に脂肪がエネルギーに変わるためにはビタミンB2が不可欠なのです。

そして、ビタミンB2は野菜ではなく、レバーやチーズ、牛乳などの

動物性食品に多くふくまれているのです。


サプリメント 二日酔い


お酒を飲む人なら誰でも経験するのが二日酔いです。

頭痛と吐き気をもよおす二日酔いはアセトアルデヒドが引き起こします。

アルコールが肝臓で分解される過程で発生する有害物質です。

このアセトアルデヒドが体内で増加することで

頭痛や吐き気、嘔吐などの二日酔いの症状が起こるのです。

辛い二日酔いを防止するサプリメントがビタミンCです。

Cにはアセトアルデヒドの分解を促進する働きがあります。

飲酒前と後にビタミンCをサプリメントでとっておけば

もし二日酔いになっても症状は軽くてすみます。

他にアセトアルデヒドの分解にはビタミンB群のナイアシン(ニコチン酸)があります。

つまり、お酒を飲むならビタミンB群とCをたっぷり

とっておけばいい訳です。


サプリメント お酒を飲む人は


お酒を飲む人がかかりやすい病気が脂肪肝です。

アルコールを摂取すると肝臓での脂肪処理能力が低下し、

摂取した脂肪が肝臓にたまりやすくなるのです。

そのため、脂肪肝になってしまうのですが、

この病気は自覚症状がありません。

そのため、ジワジワと病気が進行し、ついには肝硬変に至ってしまいます。

この脂肪肝の予防には、ナッツ類に含まれているコリンが有効です。

コリンはビタミンB群の仲間で脂肪を乳化し胆嚢や動脈に

蓄積するのを防ぐ働きがあります。

また、イノシトールと結びつき、肝臓でのレシチンの

生成を助けコレステロールを溶けやすくし、

肝臓の解毒作用を高める働きをしています。

コリンやイノシトールの他に、ビタミンB2やB12、

アミノ酸のメチオニンなどにも脂肪肝を防ぐ働きがあることが

知られています。これらは個々に摂取することが難しいので

ビタミンB群の複合タイプをサプリメントで

毎日とると予防になります。



サプリメント 組み合わせ


ビタミンやミネラルや食物成分は単独でとるより

いくつか組み合わせたほうがより効果的です。

たとえば女性のばあい、いくつになっても素肌美人でいたいですよね?

美しい素肌にするにはどんなサプリメントがいいのかといいますと、

ビタミンC,A,Eの三種類それと肌を構成するタンパク質である

コラーゲンを組み合わせればハリと弾力のあるみずみずしい肌をつくり

かつ、いつまでも美肌を保つことができます。

なぜこの組み合わせがいいのかといいますと、

コラーゲンの合成を促進する働きがビタミンCにあり

抗酸化作用をCと同じくもっているEも一緒にとることで

繰り返し酸化を抑える働きをしますので効果が強まるからです。

このようにビタミンとミネラル、食物繊維やファイトケミカルなどの

食物成分のサプリメントをいかに組み合わせるかが重要になります。

何をどう組み合わせるのかは個別の症状にあわせて、

あるいは目的にあわせてとることになります。

次回からは目的にあわせた組み合わせを紹介していきます。



サプリメント 風邪には


風邪をひきやすいひとはビタミンAを十分とると予防になります。

ビタミンAは皮膚や粘膜を丈夫にして健康を保つ働きがあるのです。

風邪のウィルスや細菌が私たちの体に侵入しようとするとき、

最初のバリアの役目をするのが鼻やのど、気管支などの粘膜なのです。

ですから、ビタミンAで健康な粘膜にしておけば

かなりの確率で風邪のウィルスの侵入を防ぐことができ、

風邪をひきにくい体にすることができます。

では、どのくらいのビタミンAをサプリメントでとればいいのかといいますと、

一日の所要量の約1.5倍、女性で一日2700IU、男性で3000IUくらいです。

あまり多くとると過剰症になるので注意しましょう。

*IU インターナショナルユニット1000IUが1ミリグラム、マイクログラムと同単位



サプリメント タバコを吸う人


タバコを吸う人は、吸わない人と比べてガンになる確率が高くなります。

喉頭ガンが90倍以上

肺ガンが7倍以上

食道ガンが3.5倍以上

膵臓ガンが2倍以上

と肺ガン以外のガンにもかかりやすいことがわかっています。

ガンになりたくなかったら禁煙することがベストですが、

喫煙者にはそう簡単にできるものではありません。

ガンは発ガン物質だけで起こる訳ではなく、活性酸素などに

遺伝子や細胞膜が傷つけられることで発ガン物質て結び付いて

細胞のガン化を促すと考えられているのです。

ですから、抗酸化作用があり、活性酸素やフリーラジカルから

細胞や組織を守る働きをするビタミンを体内に取り込めば

ガンの予防にもなります。

ビタミンEとC、βーカロチンです。

ビタミンEとCは一緒にとると効果的です。



サプリメント


サプリメントに亜鉛があります。

この亜鉛、どういう働きをするのかご存じですか?

こどもができなくて悩んでいるご夫婦、旦那さんにお薦めします。

この亜鉛は男性の精子をつくる働きがあるのだそうです。

飲むだけでお子さんができる訳ではありませんが、

お子さんができないご夫婦の3組に1組が旦那さんの精子の数が

普通の人より少ないことが原因だとのこと。

実は、私も精子の数が少ない人間の一人なのです。

サプリメントの亜鉛を採って、精子の数を増やせば、

活きのいいヤツが必ずやゴールに到達してくれるでしょう。楽しみです。


サプリメントの成分由来


サプリメントの成分由来を

調べたことがありますか? いまではビタミンやミネラルも

石油精製の過程で化学的に作ることができること

ご存じないかたが多くいらっしゃいます。

このような石油から作られている化学式だけ

同じ成分のものを石油由来成分

または合成成分といいます。

一方、植物やくだものなど自然のものから

作るものを天然由来成分といいます。

自分の体の健康のことを考えるなら

どちらの成分でできているものなのか、

よく調べて購入しましょう。


サプリメントのウコン


当日が飲み会で、翌日は朝から重要な商談や会議があるとき、

お酒を飲む前にサプリメントのウコンを飲んでおくと、

いつもなら翌日までアルコールが残ってしまう人でも、

すっきり仕事にいけますよ。お酒に弱い私がよく使う方法です。


健康コスト


健康コスト、ヘルスコストという費用のことご存じですか?

健康を維持するため、健康を回復するために必要な費用のことです。

我々が食物やサプリメントや身の回りのものを買い揃えるとき

是非この健康コスト・ヘルスコストという言葉を

思い出して選択していただきたいのです。

賢い消費者になって、健康や環境にわるい商品は買わないようにすれば

世の中もっとよくなっていくと思うのです。


サプリメントはどれがいいの?


サプリメントはどれがいいのか?

たくさん種類があるからわかりにくいですよね。

成分表示を片っ端からインターネットで

調べるといいですよ。

効き目がなさそうなサプリメントは

すぐにみつかります。

ここでも、本物は少ないですね。

私が調べたなかでこれは本物といえるものを

紹介していきますね。


サプリメント



サプリメントがよく買われているようです。

コンビニで安く手に入るからか

レジにサプリメントを持って並んでいるかたを

よく見かけます。

サプリメントの種類も何十種類とあるのですね。

しかし、サプリメントの種類の中には

単品ではほとんど効果がないものがあることは

以外と知られてないようです。

単品でも効果があるサプリメント、

こういう組み合わせなら効果があるサプリメントなども

書いていきますね。


プロフィール


環境企業に勤務するサラリーマン

ぶらいあんことコズカです。

地球の環境をよくしていくことも

健康を考えていくことも

相通じるものがあると思い、ブログをたちあげました。
よろしくおねがいします。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。