サプリメント お酒を飲む人は


お酒を飲む人がかかりやすい病気が脂肪肝です。

アルコールを摂取すると肝臓での脂肪処理能力が低下し、

摂取した脂肪が肝臓にたまりやすくなるのです。

そのため、脂肪肝になってしまうのですが、

この病気は自覚症状がありません。

そのため、ジワジワと病気が進行し、ついには肝硬変に至ってしまいます。

この脂肪肝の予防には、ナッツ類に含まれているコリンが有効です。

コリンはビタミンB群の仲間で脂肪を乳化し胆嚢や動脈に

蓄積するのを防ぐ働きがあります。

また、イノシトールと結びつき、肝臓でのレシチンの

生成を助けコレステロールを溶けやすくし、

肝臓の解毒作用を高める働きをしています。

コリンやイノシトールの他に、ビタミンB2やB12、

アミノ酸のメチオニンなどにも脂肪肝を防ぐ働きがあることが

知られています。これらは個々に摂取することが難しいので

ビタミンB群の複合タイプをサプリメントで

毎日とると予防になります。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/13645511
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。