サプリメント 風邪には


風邪をひきやすいひとはビタミンAを十分とると予防になります。

ビタミンAは皮膚や粘膜を丈夫にして健康を保つ働きがあるのです。

風邪のウィルスや細菌が私たちの体に侵入しようとするとき、

最初のバリアの役目をするのが鼻やのど、気管支などの粘膜なのです。

ですから、ビタミンAで健康な粘膜にしておけば

かなりの確率で風邪のウィルスの侵入を防ぐことができ、

風邪をひきにくい体にすることができます。

では、どのくらいのビタミンAをサプリメントでとればいいのかといいますと、

一日の所要量の約1.5倍、女性で一日2700IU、男性で3000IUくらいです。

あまり多くとると過剰症になるので注意しましょう。

*IU インターナショナルユニット1000IUが1ミリグラム、マイクログラムと同単位


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/13543110
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。